院長ブログ カーブ

Close

第1回 忙酔敬語 はじまして

みなさん、こんにちは。院長の佐野です。当院のホームページがやっとできあがりました。これからは週に1回ほどコラムを書くつもりです。気楽な感じで書くので皆さんも気楽に読んでください。
今年の冬は寒い日が続きましたね。私は3.5㎞の道のりを40分ほど歩いて通勤しています。新琴似から屯田に入るとき防風林の中を通りますが、いろいろな鳥の声が聞こえるので楽しみにしています。毎年、2月になると啄木鳥の木を突く音が「カタカタカタカタ」と聞こえるのですが、今年は1月の末から聞こえました。まだ寒いのに木の中では虫たちが活動を開始しているのだなと、春が近いのを実感しています。
インフルエンザが猛威をふるっています。お年寄りや年少の子、そして妊婦さんもインフルエンザに弱いといわれていますが、昨年度の日本の妊婦さんでインフルエンザで亡くななった方は一人もいませんでした。これは世界に誇るべきことだと思います。当院もインフルエンザに備えて、タミフルや注射液をたえず用意しています。しかし、こうした抗インフルエンザ薬を希望されない妊婦さんの場合は漢方薬で対応することもあります。漢方でもけっこう効きます。中にはご主人はタミフルを飲んだのに、漢方薬を飲んだ自分の方が早く良くなったと喜んでくれた妊婦さんもいました。
いずれにしてもインフルエンザは予防が一番です。手洗い、うがいをこまめにしてください。今、調度インフルエンザの妊婦さんを診察しましたが、さっそく手を洗い、緑茶でうがいをしながら飲んだところです。皆さんもくれぐれもご自愛ください。