産科・婦人科 女性の身体に関することはお任せください。|医療法人社団 朋佑会 札幌産科婦人科

お問い合わせ TEL 011-774-0303 8:45~12:00 / 13:30~17:00

土曜は午前のみ 日・祝休み

〒002-0856 札幌市北区屯田6条2丁目11-1

よくある質問

産科

  • Q1.フリースタイル出産とは、どんなお産ですか?

    分娩の姿勢やいきみ、呼吸などに決まりはありません。分娩場所も布団の上などご自由な場所で、楽な・落ち着くというスタイルで過ごせますので、産婦さんに負担をかけず、リラックスしてお産に励むことができます。 詳しくは、当院のお産のご案内へをご覧ください。

  • Q2.里帰り分娩を希望したいのですが、どうすればよいですか?

    33週~34週までにお電話にて妊婦健診の予約をしていただきます。来院時には、母子健康手帳と妊婦健診受診票、保険証、今まで通院されていた病院からの紹介状をご持参ください。また、産科医療補償制度の登録証を記入している場合はその控えもご持参ください。

  • Q3.妊婦健診には予約が必要ですか?

    予約が必要です。妊婦健診は産科専門医師(産科外来)と助産師(助産外来)が担当いたします。予約に関するお問い合わせはお電話にて(受付時間 8:45~17:00)お問い合わせください。

  • Q4.エコーは、夫や子どもも一緒に見ることはできますか?

    産科外来・助産外来ともに、ご家族と一緒にエコーを見ることができます。ゆっくりご覧になりたい場合は、助産外来をおすすめいたします。詳しくは、助産外来のご案内をご覧ください。

  • Q5.母親教室に参加したいのですが、どうすればよいですか?

    母親教室1回目~3回目は妊娠初期・中期での「助産師からのお話」の際に、母親教室の参加予約をしております。また、母親教室4回目に関しては、出産後にお電話での予約、または直接受付でお申し込みください。母親教室に関するお問い合わせはお電話にて(受付時間 8:45~17:00)お問い合わせください。母親教室については「教室のご案内」をご覧ください。

  • Q6.産科医が夜間も対応してくれますか?

    産科医は夜間も常勤しております。出血や腹痛、破水などの症状がある時は妊婦健診まで待たずにすぐ受診しましょう。来院前に必ず病院にご連絡ください。

  • Q7.妊娠中の風邪薬や頭痛薬などは飲めますか?

    妊娠中に薬を内服するときには必ず医師に相談しましょう。安易に市販薬を飲むことは危険です。また病気があって薬を内服されている場合は通っている病院の医師に相談し、自己判断で中止することはやめましょう。

  • Q8.病棟の院内見学はできますか?

    院内見学はできます。また、母親教室2回目のプログラムにも組まれております。ご希望の方は来院時に助産師にご相談ください。病棟の状況により見学が難しい場合もありますのでご理解ください。

  • Q9.前回帝王切開後の場合や逆子の場合の分娩はどのようになりますか?

    母親の安全を考え、帝王切開手術を行います。

  • Q10.夫以外の人でも立ち会い出産はできますか?

    ご家族の分娩立ち会いはできます。産婦さんの意向を第一に考えていきたいと思いますので、どなたが立ち会うのか予めご相談してください。上のお子さんも立ち会われる場合は、大人の方とご一緒で、状況に合わせてお決めください。

  • Q11.会陰切開はしていますか?

    会陰切開や浣腸などの医療行為は必要がなければ行っておりません。

  • Q12.母乳について相談できますか?

    妊娠期間中に「助産師からのお話」の時間があり、母乳栄養のご希望について、当院の授乳スタイルについてお話があります。産後は、個々のお母さん方が自信を持てるまで授乳のお手伝いをさせていただきます。退院後は予約された日程(電話訪問・2週間健診・1ヶ月健診)で、助産師が母乳・育児相談を行います。また、乳腺炎などの乳房トラブルや断乳のご相談の承っております。ご希望の方は受診される前にお電話で(受付時間 8:45~17:00)お問い合わせください。

  • Q13 .熱や下痢がある場合は受診しても良いですか?

    内科受診をおすすめしていますが、熱、咳が出ている方、嘔吐・下痢などの胃腸症状がある方、またご家族に感染者がいるもしくはそのような症状のある方と接触した場合は、妊婦健診や入院等で来院する前に病院に連絡してください。

    ※ 特に胃腸症状を伴うウイルスは少量でも感染しますので注意が必要です。

婦人科

  • Q1.旅行の予定があるので、生理の日にちを変更したいのですができますか?

    大きな病気(血栓症、肝機能障害など)がない方であれば、ホルモン剤を使って移動できます。月経を予定の前に移動したい方は、月経の5日目以内に受診されることをおすすめします。

  • Q2.緊急避妊法(アフターピル)ってなんですか?

    避妊をせずに性交したり、避妊が失敗した場合に、妊娠を防ぐ最後の避妊手段が緊急避妊と呼ばれているものです。最も一般的なのが緊急避妊ピル(アフターピル)の内服です。性交から72時間以内に内服する必要がありますので、心配な方は期限内の外来診療時間に受診してください。

  • Q3.月経中ですが診察は可能ですか?

    出血があっても診察は可能です。また、子宮がん検診もできます。月経痛がつらい時は、我慢せずに受診してください。

  • Q4.内診は必ずありますか?

    内診を希望されない方は、内診台には上がらず、ベットに寝ていただき、お腹の上から超音波で子宮・卵巣の状態を確認することができます。その場合は膀胱を尿で充満させた状態で診察することが必要となる為、排尿せずにお待ちいただいております。問診時に看護師にご確認ください。

  • Q5.子供のおりもの、陰部のかゆみは診てもらえますか?

    診察は可能です。ベットに寝ていただき、おりものや陰部の皮膚の状態を確認します。女性の医師をご希望の方は、月曜日にお電話いただいた上で受診してください。

心療内科

  • Q1.心療内科を受診したいと思っていますが、どうしたらよいですか?

    当院は、産婦人科領域の心療内科に限らせていただいております。ご自分の症状が不明な方は、外来時間にお問合せください。また担当医師より、予約の必要がある場合もあります(火・金)。再診以降は、基本的には継続して同じ曜日に受診していただいておりますので、ご都合に合わせて電話予約または直接受診してください。

小児科

  • Q1.鼻水や咳が出ていますが、予防接種は可能ですか?

    鼻水と咳だけであればできますが、37.5℃以上の発熱がある場合は接種できません。激しい咳がある場合は接種をひかえたほうが良いです。また、かぜ薬内服中の場合、接種可能です。

  • Q2.同時にいくつまで予防接種できますか?

    注射での接種は4つまでです。

  • Q3.接種後の運動や入浴は可能ですか?

    激しい運動は控えてください。入浴は可能ですが、当日は強くこすらないでください。

  • Q4.予防接種後、発熱した場合どうしたらいいですか?

    38℃以上の高熱がでても、食欲・元気があれば様子をみていただいても大丈夫です。多くの場合は1日で解熱します。

Copyright © Hoyukai Sapporo O.B & G.Y. All rights reserved
スマートフォンサイトへ